臨機応変な判断ができるようになる

科学技術の発展は、我々人間の生活を便利で豊かにしてくれます。
例えばパソコンを使うことで、事務処理などが円滑に進めることができるでしょう。

ゲーム機なども科学技術が進歩したからこそ発明されたものです。
最近では、スマートフォンが普及したことで、暮らしぶりがだいぶ変わってきたでしょう。

このまま科学技術が発展することで、高度な人工知能が発明され、人間を超える日が来るのではないかと予測されています。
現在でも単純な情報処理を早く性格にこなす能力においては、人間はコンピュータには敵いません。

決まった条件に従った処理をこなすのは、コンピュータが得意とするところです。

しかし、イレギュラーな処理や判断が加わると、まだ現在のところ人間の方が勝っています。コンピュータは臨機応変に対応するのは苦手なためです。

しかし、科学技術が発展して行く中で、それもいずれ克服してしまうでしょう。そうなれば、人工知能が人間を超える日もやってきます。そうなったときのことをシンギュラリティと言います。

 

2045年までに実現するという見方

人工知能はいつか必ず人間を超えるということは、多くの専門家が予測しています。しかし、それがいつになるのかは専門家の間でも意見が分かれています。

早い味方では2020年代末期には、人間に勝る人工知能が登場してしまうのではないかと言われているのです。ただ、どういった基準を元に人間を超えたと言っていいのか曖昧です。

ある仕事が人工知能に完全に取って代わられても、別の仕事はまだ人間が行っているという状況も考えられます。
昔は人間がやっていて、現在では機械に任せている仕事があるでしょう。

しかし、人工知能を開発する仕事が人工知能に乗っ取られてしまったら、人工知能が人間を超えたと言わざるを得ません。人間の技術力が人工知能に追いつかなくなってしまうのです。技術開発は全て人工知能が担うことになります。

そして、その日が来るは、そう遠くない未来だと言われています。2045年までにそのような状況になるという見方が強いのです。
つまり、およそ30年後にシンギュラリティが起こると言われています。