ギャンブルの個人再生

個人再生とは?

個人再生」とは、裁判所を介しておこなう債務整理手続きの中の1つで、借金の減額を目的とした手続きのことです。借金の返済額を減らすることによって、多重債務問題に悩まされている人の再生を図るということから、個人再生と呼ばれています。また個人再生手続きは、借金を減らすだけでなく、住宅を守ることができるという特徴があります。

ではなぜ、個人再生を利用することによって住宅を守ることができるのでしょうか?

任意整理であれば、住宅ローンの返済をそのまま行うことは可能です。しかし、どうしても他の借金を返済できないのであれば自己破産を取るしかありません。個人再生は、この2つの手続きの中間にあるものだと理解すると、イメージがつかみやすいかもしれません。

自分が「個人再生」可能かどうかは公開されている「シュミレーションサイト」が役立ちます。何もかも諦める前に、まずはこういったサイトでシュミレーションしてみて、自分の状況をしっかり把握しましょう。

他の手続きと比較すると…

個人再生を知るための前提として、他の債務整理手続きについても知る必要があります。

債務整理は、「任意整理」、「特定調停」、「自己破産」、「個人再生」という4つの手続きに分類されています。
任意整理とは、簡単にいえば借金の借り入れ先である債権者と交渉をすることによって、返済期間や1ヶ月の返済金額などを調整する手続きをいいます。個人再生と比較すると、個人再生は債務の減額を交渉ではなく法的におこなう手続きです。また、裁判所を介しているという点でも違いがあります。
特定調停は任意整理と同じようなことを、調停手続きの利用によっておこないます。個人再生は特定調停とは違い、法的根拠のもと債務を減らす手続きです。
自己破産は、債務整理の中でも最終手段といえる手続きで、どうしても借金を返済しきれない場合に取られることになります。この際、債務者が保有している時価で20万円以上の財産は原則として処分され、債権者へ配当されることになります。?